会長挨拶

     熊本東ロータリークラブ 2018〜2019年度 クラブ年度方針

    

    会長  大久保  誠

 

     クラブスローガン 「積極的に奉仕し、ロータリーを楽しみ、友情を深めよう」
                             〜全員参画・全員参加〜

 2018-2019 RI テーマは「インスピレーションになろう」です。
 RI会長バリー・ラシン氏は「ポリオ撲滅活動」がインスピレーションとなってきた、今ポリオ撲滅の正念場にあります。今行っている奉仕が、明日、そして後世にずっと人々のよりよい生活につながっていくようあらゆる手を尽くすことですと述べられています。 これを実現する為、何がインスピレーションとなるか、つまり何が刺激となり、前進への活力となるか人によって違いますが自分自身の中での変化が一番大切と言われています。

 又、2720地区スローガンは〜ロータリーは心の太陽〜「ロータリーを信奉し、奉仕に活動しよう」です。我々ロータリアンは自らを磨き、奉仕の心を養いながらロータリーの素晴らしさを味わっています。共通の価値観である「ロータリーの中核的価値観」はロータリーの目的に通じるもので、理解を深めることによりロータリーの使命や素晴らしさを感じ取り会員一人一人がインスピレーションを起こし奉仕の実践へ行動して下さいと言われています。

 その中で、熊本東ロータリークラブとしてRIテーマ、地区テーマに沿って運営したいと思います。基本的に奉仕活動を積極的に行い楽しいロータリーの中で友情を深めてもらいたと思います。その為には、例会と会員増強が特に重要と思います。クラブが活性化する事により、よりよい楽しく意義のあるクラブになると思います。会員の皆様のご協力を宜しくお願い致します。

 

2018-2019年度 具体的実施計画

 

   1、継続事業のさらなる進化

   2、インターアクト設立の為の準備

   3、米山奨学生の受入と交流

   4、RLI(ロータリー・リーダーシップ研究会)への参加

    5、会員増強 3名以上(内女性1名以上)

    6、クラブ会員の情報の共有